感染者数が100人を超え全国に広がるデング熱について、毎日のようにテレビや新聞で報じられている。一部ではデング熱を甘く見て「騒ぎすぎ」「めったに死なないから大丈夫」と楽観視する声もあるが、感染するとかなりの苦しみを味わうようだ。800px-Aedes_aegypti_biting_human

感染経験者は40度ほどの高熱と全身の痛み、発疹に悩まされ、インフルエンザよりもつらいという。

毛細血管が内出血し、脚全体が真っ赤に腫れ上がる

2014年9月10日放送の「クローズアップ現代」に、デング熱に感染したNHK職員の女性が出演して病状を語った。40度近い高熱が続いたことに加え、鎮痛剤を打たないと眠れないほどの痛みを感じたという。病院のベッドに横たわった状態で取材を受け、

「寝てても痛いし横になっても痛いし、起こすとさらに痛いし、すごい夜眠れないくらい体が痛くて」「早く治ってくれと祈るしかない」

と話していた。

「本当に二度となりたくない病気」

デング熱は特効薬やワクチンが実用化されていないため対処療法で対応するしかない。紗綾さんは病院生活を「熱がでると解熱剤で下げたり、ひたすら寝てましたね。発疹がひどかったので皮膚科にいって塗り薬や飲み薬をもらっていました」と振り返り、「本当に二度となりたくない病気だなとおもいました。二回目かかるとひどくなると聞いたので、みなさん蚊に刺されないように対策してほしい」と語った。

蚊に刺されないようにするには、肌の露出を少なくすることや、虫よけスプレーを使うのが有効だが、もしデング熱に感染したと思ったらどうすればいいのか。

東北大学病院ウェブサイトに掲載されたインタビュー記事で総合感染症科の具芳明氏は、「ほとんどの場合は、4~5日で症状が収まりますので、落ち着いて対応してください」と呼びかけている。

「デング熱の感染が起きていると思われる場所で蚊に刺された人が、刺されてから3日~10日で高熱が出たら、デング熱の可能性があるということになります。症状が出てすぐには重症化しませんので、症状がつらいようであれば、慌てずに日中に受診して下さい」

ただし、熱が下がるころに次の症状が出た場合は大至急受診する必要があるそうだ。

「激しい腹痛・嘔吐が続く」
「点状の赤い皮疹(点状出血)がある」
「鼻血、歯肉からの出血がある」
「吐血した」
「大便の色が真っ黒になった」
「意識が悪く反応が鈍かったり、呼びかけに反応しない」
「皮膚がそう白になっている」
「呼吸困難がある」