整形外科・リハビリテーション科/今治市

ニコチン依存症テスト

 
     「ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)」

 問1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。

 問2. 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。

 問3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることが
    ありましたか。

 問4. 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
   (イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃の むかつき、
    脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)

 問5. 問4 でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。

 問6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。

 問7. タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

 問8. タバコのために自分に精神的問題(注)が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。

 問9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。

 問10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。

——————————————————————–

「はい」を1点、「いいえ」を0点、質問に該当しない場合は0点として計算し、5点以上をICD-10診断によるタバコ依存症である可能性が 高いと診断します。

このスクリーニングテストでは、タバコ依存症になっている人の95%が5点以上を示し、タバコ依存症でない喫煙者の81%が4点以下を示します。 また、得点が高い者ほど禁煙成功の確率が低い傾向にあるとされています。

                       日本循環器学会「禁煙治療のための標準手順書」より

この「ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)」は、禁煙外来で保険適用を受けようとする場合の、患者側の条件にもなっています。

お問い合わせ TEL 0898-47-1131 月~金 9:00~13:00 15:00~18:00
土 9:00~13:00 土曜午後・日曜・祝日 休診

PAGETOP
Copyright © (医)藤田医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.