整形外科・リハビリテーション科/今治市

2018(H.30年度)インフルエンザ予防接種について

  • HOME »
  • 2018(H.30年度)インフルエンザ予防接種について

2018(H.30年度)インフルエンザ予防接種について

近年、鳥インフルエンザ(H5N1型、H7N9型)のパンデミック(世界的大流行)も懸念されているところですが、当院で現段階でご提供できるワクチンは季節性インフルエンザを予防するワクチンです。
今年(2018年)の夏に製造されたばかりの2019シーズンの流行ウィルスを予測したワクチンです。

実施予定期間 2018年10月15日~2019年1月31日
(高齢者は 12/29 午前中まで)

尚、インフルエンザ予防接種の予約は不要です。
※ワクチンがなくなり次第終了させていただく場合がございます

2016から インフルエンザワクチンは4価となりました

インフルエンザワクチンは4種類のワクチン株が混合されたタイプになりました。A型2種類 及びB型2種類のインフルエンザウィルスに予防効果が期待できます。
[2019シーズンのインフルエンザワクチン製造株]
 以下4種類を配合
A型株
A/シンガポール/GP1908/2015(IVR-180)(H1N1)pdm09
A/シンガポール/INFIMH-16-0019/2016(IVR-186)(H3N2)
B型株
B/プーケット/3073/2013(山形系統)
B/メリーランド/15/2016(NYMC BX-69A)(ビクトリア系統)
当院で使用するワクチンは、全て国立感染症研究所の国家検定に合格している国産ワクチンです。

予防接種を受けるに際し、よくご確認ください

当院で 接種出来ない方

①1歳未満のお子様(1歳未満のお子様は小児科にご相談ください)
②接種当日の体温が37.5度以上の方
③卵アレルギーのある方

接種の留意事項

・保険証をお持ちください
保険診療ではありませんが、スムースなカルテ処理ため、お願いします

・母子手帳記入希望の方は受付時に お出しください

・診療時間内にお越しください
なるべく、診療終了30分前までに ご来院ください

・医師が問診票をチェックし、
接種可能であることを判断いたします

・接種可能者は医師が順番に接種いたします

・特に、生まれて初めてインフル接種を受けた方は、接種後30分は
院内や お車にて、体調に変化が無いことを確認後、お帰りください

ワクチン接種の回数・間隔

接種回数

12才以下の方
原則、2~4週間の間隔を開けて2回
(任意接種なので強制ではございませんが、極力2回受けてください)
※当院で1回目の接種を受けた方でも、2回目のワクチンの取り置きはできません。

13才以上の方
一般に、1回で良いとされています。

接種の間隔

2回接種をご希望の方へ
1回目の接種から2週間から4週間の間隔を開けます。
効果的には4週間隔が一番よいと言われています。

他の予防接種との接種間隔

 インフル接種をこれから受ける方
生ワクチンを受けてから27日以上経って、不活化ワクチンを受けてから
6日以上経ってからインフル接種をしてください。インフル接種を受けた方
インフルワクチンは不活化ワクチンです。
接種後に他のワクチンを受ける場合は 6日以上間隔をあけてください。生ワクチン、不活化ワクチンの種類については下記URLが参考になります。
http://idsc.nih.go.jp/vaccine/atopics/atpcs003.html

  接種当日の受付を素早く! → 予診票をダウンロードします。

             → HOME

お問い合わせ TEL 0898-47-1131 月~金 9:00~13:00 15:00~18:00
土 9:00~13:00 土曜午後・日曜・祝日 休診

PAGETOP
Copyright © (医)藤田医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.